【iPad】combo touchキーボードを半年使った感想

iPad

はじめに

 combo touchキーボードは、ロジクールから発売されているiPad用のタッチパッド付のキーボードです。純正のmagic keyboardとほぼ同様の機能をそなえながら、価格は安いところが特徴です。

 実際に、iPad Pro 12.9インチで半年使ってきましたが、個人的に感じたメリット・デメリットを下にまとめました。

メリットデメリット
・トラックパッドが優秀キーボードの打ち心地は微妙
・充電が必要ない・スタンドは手書きでは使いにくい
・本体の保護力も高い重量級
キーボードを取り外し可・充電端子部分が狭い
・特殊キーが便利

 まずは、combo touchを使ってきて感じたことをまとめつつ、最後に純正magic keyboardと迷って買った感想のようなものにも触れていきたいと思います。

combo touchキーボードの特徴

トラックパッドがついている

 combo touchキーボードには、トラックパッドがついています。

 トラックパッド付きのキーボードは、様々存在しますが、

 純正同様、キーボードが接点によるiPadとの直接接続

であり、Bluetooth接続でありがちな、遅延や接続切れがありません。

 トラックパッドは、さらさらしていてサイズも十分に大きく(magic key boardよりも大きい)、操作もとてもしやすいです。

 特にトラックパッドは、画面のスクロールなどに使うので、滑らかに指に追従してくれることで、ストレスを感じさせません。

トラックパッドの大きさは十分にあって、パソコン同様の使い心地

充電不要

 一つ目でも、述べた通りiPadと直接接続しているので、充電は不要です。

 いちいち電池の残量を気にせず、iPadに取り付けた瞬間から使用することができます。iPadの充電を消費するかというと、確かにそうだとは思うのですが、体感として短くなったと感じたことは特にはありません。

 (それよりもapple pencilを使用した方が、充電の減りは早い気がします。)

iPad下部にキーボードとの接点があり、ここを通して接続しています。

本体もしっかり保護

 本体側のケースはカポッとはめる感じで、側面まで保護してくれます。これは、純正のmagic keyboard ケースにはないところでもあるので、本体を守れるのは嬉しいですよね。

 表面は布素材っぽいですが、硬さは十分にあり、万が一落としたときの安心感があります。過去に一度机から落としたことがあるのですが、iPad自体には傷や故障はありませんでした。

 また、スピーカーやマイクも穴が開いていて、ボタン部分は柔らかいゴム素材になっており、押し心地もよいです。

iPad全体を覆うような構造になっており、衝撃に強くなっています

キーボードの取り外しができる

 ここが、combo touchキーボードの最大の特徴かもしれません。

 キーボードを使わないとき、例えばapple pencilで手書き入力をしたい、とか、縦向きにして使いたい、といったときには取り外しできるのは非常に助かっています。

 簡単な取り外し方は、キーボードを逆パカするとできます。外したキーボードは向きを逆にするとiPadの背面にくっつけて一体化させることができます。

画面を取り外して、iPadだけで使えます
キーボードを逆向きにして背面に回すこともできます(逆パカ)

純正にはない特殊キーがある

 combo touchには、明るさ調整ボタンや音量ボタン、再生停止ボタンなどがついています。これは、純正のmagic keyboardにはない機能です。

 キーボードをつけていると、案外画面が遠くになってスワイプして調整するのが面倒くさく感じるんですよね。ですので、以外と使う機会は多いです。

 同時押しも必要なく、専用のキーとなっているので、あると非常に便利です

「ホームに戻る」「画面の明るさ」「キーボードの明るさ」「再生・停止」「音量調節」「画面オフ」などができます

使っていて気になった点

キーボードの押し心地は普通

 レビューなど見ていると、打ち心地もよいとのことで期待しすぎていた面もあったかと思うのですが、いたって普通だと個人的には思います。

 というのも、macbookのキーボード(バタフライキーボードやmagicキーボード)と比較して、ストローク(深さ)が浅く感じます。知り合いに触らせてもらったiPadのmagicキーボードと比べてもそう感じました。そのため、ぺちぺちとした感触で、強く打つタイプの人だと指が痛くなるかもしれないです。

 ただ、キー配列やキーの大きさについては、パソコン同様の配列・大きさで問題ないので、たくさん文字を打つって人は一度店舗で確認してみるとよいかもしれません。(そのときは、パソコン使うよって話かもしれませんが)

配列はmacに準じており、macユーザーであれば、違和感は感じにくいつくりになっています

背面のスタンドは手書きには使いにくい

 iPad側のケースの背面には、角度を調節できるスタンドがついています。キーボード装着時や動画を見るときには、自由に調節でき、便利です。

 しかし、角度自体は十分に開けるものの、いざ手書きをしようと手を置くとたわむんですよね。ですので、手書き目的で背面のスタンドで角度をつけたい場合には、別にスタンドを用意するか平らにして使用する必要があります。

 ここは、自由に角度を調節できることとのトレードオフではあると思うので、手書きをよく使うよって人は注意かもしれません。

スタンドは、無段階で調節できます(右の画像くらいまで開ける)
そのためか、手書きを支えられるほどの頑丈さはありません

iPad装着時にはmac book並の重量

 重いです。筆者は、iPad Pro 12.9インチに取り付けて使用しているのですが、本体700gに加えて、combo touchも約700グラムあるので、併せて1.4kgになります。

 13インチ級のパソコンとしては、普通ではありますが、iPadとしての手軽さは薄れるように感じるかもしれません。

 もちろん11インチなどの小さいモデルであれば、軽くなりますし、取り外して使えるので用途合わせて切り替えられるため、パソコンを持ち歩くほどでないときに、iPadでまとめて済ませらせるのはメリットだと思います。

充電端子部分が狭い

 これは盲点でした。純正の充電ケーブルやアマゾンのケーブル等は問題なく使用できます

 筆者の環境では、SATECHIの5in1のusb-cハブ、elecomのusb-cハブの端子部分が、カバーに干渉してつけられませんでした

 これに関しては、使うときは一度カバーを取り外して使用していますが、もう少し端子部分の穴を大きくしてくれたら助かったなと思っています。

充電端子部分もカバーがギリギリまでされている
端子の根本が太いusbハブだとつっかえて入らないことも…

その他のポイント

学校にこれ一台でいけるのか

 iPadにcombo touchキーボードをつけると、結構な重量になります。そのため、パソコンは持って行かずに、iPadとcombo touchで行きたいと思う方もいるのではないでしょうか。

 筆者は、実際に大学へcombo touchキーボードを装着したiPadのみを持っていっています。主な用途は、wordでのレポート作成、国家試験のオンライン講義のとノート取り(apple pencilでの手書き)、問題集の演習とメモ(ankiでの問題作成)です。

 手書きから文書作成まで幅広く活用しており、iPad一台で問題なく作業ができています。パソコン専用のソフトが必要であったり、スライドや文書をたくさん作成したりなどでなければ、パソコンなしでcombo touchで大学行くっていう選択肢はありだと思います。

 また、iPad Proの12.9インチを利用していることもあり、サイズ的にもパソコンっぽくも使えることもあるかもしれません。画面分割などを利用して、マルチタスクを行うのであれば、iPadも大きいサイズだとよいでしょう。

 iPadのサイズについて、12.9インチを使ってきて思ったことについての感想も当ブログで紹介しています。他サイズと比べてどうなのかについても、述べていますので、参考にしてください。

magic keyboardと迷ったけど・・・

 combo touchキーボードを選ぶ上で、対抗馬になるのが、appleから発売されているmagic keyboardケースとなるでしょう。

 まず、価格面でいえば、combo touchはほぼ同様の機能を備えながら半額程度で買うことができます。また、iPad 10.2インチを使われている方でも、magic keyboardの取り扱いはないのですが、combo touchを使うことができます。

iPad 10.2インチiPad Pro11インチ(第5世代) /
iPad Air(第4世代)
iPad Pro 12.9インチ
magic keyboardなし¥44,800¥53,799
combo touch\22,500\22,730 / \22,380¥29,491
amazonより(2023年7月)

 半額ともなれば、手ものびてしまうわけですが、買う前に気にしていたことは他にもあります。

 combo touchは、スペースを取るというレビューが多かったことです。実際の感想しては、筆者は、大学生で学校にiPadを持ち歩いているわけですが、確かに場所は取るものの机に置けなかったということはあまりありません。ただ、膝にのせたり、新幹線の座席や手前のものを置いたりする状況では、使いづらいことは何度かありました。背面スタンドがあるため、通常のパソコン以上にスペースが必要なのは、事実であるので、気を付けましょう。

 magic keyboardは、iPadをパソコンらしくし、キーの打ち心地やスタンドの安定性では、純正に軍配が上がると思います。一方で、combo touchは、あくまでキーボードのついたタブレットであり、手書きも文字入力もどっちでも使いたいというユーザー向けではないでしょうか。ですので、iPadの使用目的に合わせて選択をされてみてください。

まとめ

 ここまで、combo touchを使った感想ですが、いかかでしたでしょうか。筆者としては、重さや端子のデメリットはありつつも、iPad一台でなんでもできるようになり、手放せないアイテムになっています。

 以下に、簡潔におすすめの人とそうでない人をまとめてみました。

combo touchが
おすすめの人
combo touchが
おすすめではない人
・キーボードやトラックパッドを使う作業をiPadでもしたい
・ノートなど手書きでも使いたい
・本体の保護がしっかりしているケースがいい
・手書きはせず、パソコンっぽく使いたい(→純正のmagic keyboardの方がおすすめ)
・iPadを手軽に使いたい

 iPadで、キーボードをほしいと思ったときには、combo touchぜひ候補に入れてほしいキーボードなので、興味を持った方は公式サイトや通販で確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました